PAGE TOP

卵殻膜美容液でシワ撃退!あと10歳若返るための美容ブログ

シワに効果があると最近になって分かった卵殻膜美容液。その効果について解説。その他美容情報なども発信中です。
TOPPAGE

卵殻膜美容液で黒クマ・小じわを減らした体験談

卵殻膜は、卵の内側にある薄い膜。ゆで卵の皮をむくと、つるっとした白い皮が出てきますが、それが卵殻膜です。

実はその卵殻膜には、お肌のケアをするに当たり有効な数多くの成分が含まれていることが知られていたそうです。ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸などの美肌成分はもちろん、保水力が抜群に高い「プロテオグリカン」も配合されています。

古くは江戸時代の頃から、傷の表面に卵殻膜を張り付ける治癒方法が用いられてきている歴史もあるほどで、卵殻膜の力を美容に取り入れることが長い間研究されてきたそうです。

こんな逸話に目を付けた私は、35歳をオーバーしてだんだんと目立ってくる目の周りのシワ、たるみ、ほうれい線にいい効果をもたらすのではないか?という期待値をもって、卵殻膜を使用した美容液を使ってみました。

その結果は驚くべきもので、コンプレックスだったそれらの悩みが完全にとは言えないまでも和らいできたのです。

特に、状態を軽くするのは無理だと思っていた目のくま!黒っぽく影ができているいわゆる「黒クマ」の状態だったのですが、サプリや美容液などをいろいろ試してみても効果を感じられなかったのが、卵殻膜の美容液を使用し続けていたらいつの間にかクマが薄くなりふっくらとした弾力を伴った肌に蘇ってきたのです。

「え〜、、ホント〜〜???」と思うかもしれませんが、本当です。本当。確証を持てないまま、効果があるのかないのか本当にどうなのか不安なまま続けるのって、なかなか根気がいるのですが、卵殻膜の美容液を続けて本当に良かったと思っていますよ。

卵殻膜美容液でクリアな素肌に

卵殻膜美容液を使用することで、肌の透明感が増しました。日中の紫外線ケアはもちろんしていたのですが、卵殻膜美容液を1ヶ月ほど肌に塗るだけで大きな変化を感じたのです。

肌のターンオーバー(肌が生まれ変わるサイクル)が正常化されると、常に若々しい肌の状態を保つことができます。目の周りのクスミなども減るので、表情が暗く見えてしまうことに悩んでいる30代以降の女性にピッタリのアイテムだと思いましたね。

ただし、シミなどの濃い悩みには効果があまり見込めません。

肌のシミや、シミ予備軍などは、ハイドロキノンの顔全体用でシミ・色素沈着のケアの情報などを併せて参考にするのがいいです。ハイドロキノンはとても美白効果の高い成分で、刺激が弱いながらも効果の見込めるアイテムも出てきていますよ。